読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想文

本や映画や、いろんなことの感想文を書いています。

スポンサーリンク

漫画レビュー・東村アキコ『東京タラレバ娘』を読んだ

少し前にドラマ化してた原作漫画『東京タラレバ娘』。

 

www.ntv.co.jp

 

ドラマは見てないけど、吉高由里子さんが倫子さん役ということで、まぁ面白かったんだろうなーと思っていたら

 

 

ドラマのネタバレサイトを見て愕然!!

 

40exchange.com

 

 

ドラマと原作が、ぜんぜんちがーう!!

 

 

ここまで変えちゃうともう、原作って言えないんじゃないかってくらい、途中経過も、結末も、全然、ぜんっぜん違います。

 

いいの?

これいいの?

 

 

たとえば。

 

香と涼に復縁フラグなんて立てちゃっていいの?

 

そこは、涼が二股どころか三股だって、KEYくんが暴露してくれたおかげで、香が目を覚まして涼を捨てたところでしょう!!

 

復縁フラグなんて立てちゃったら、ふっきった香の勇気台無し。

 

 

さらにありえないのは、倫子さんが手がけた熱海の地域ドラマの脚本、早坂さんのツテってことにしちゃってるところ。

 

それはKEYくんが、傷心の倫子を立ち直らせるために回した仕事でしょう!!

 

ここ、物語の超重要な転機だし伏線なはずなんですけど!!

 

 

そしてそして

 

早坂さんと一緒になりたいっていう倫子を、香と小雪が賛成しちゃってるとか。

 

もうね。

ないわー。

まじないわー。

 

だって、原作では真逆ですよね?

 

香と小雪が、なかば誘拐みたいなことまでして、倫子をKEYくんのとこに連れていって、早坂さんとの仲、ぶち壊しましたよね?

 

てかそれこそが、この作品の柱だし核だし終盤のクライマックスですよね??

 

 

と、原作の連載をずっと読んできたわたしからは考えられないアレンジ。

そこは、そこだけはいじっちゃだめでしょう!!ってとこをざくざく土足でいじっちゃってる。

 

こーゆーの。

あれだよね?

 

原作レイプっていうよね?

 

わたしはね。

原作のめちゃめちゃファンってわけじゃないんです。

原作『東京タラレバ娘』が面白いって、ネットでも評判になった時期も、そこまでさわぐほどかなぁ?って思ってたし、そもそも原作に出てくる『タラ(白子ポン酢)』『レバ(レバ刺し)』の話はいつも長くて説教臭くて呼び飛ばしてたし、物語の終盤、倫子さんとKEYくんが心通って結ばれるシーンに、空にでかでかとタラとレバが現れたときはほんと興ざめだったし、最終回ですら、タラとレバが主導してるのもアホ臭くてガッカリだったし、KEYくんが倫子さんを好きな理由が『昔、ガンで亡くした元嫁に似てるから』っていうのも、腑に落ちない。それでいいのか!!って思う。

どっちかっていうと、東村アキコさんのもうひとつの連載『海月姫』の方が好きなくらい。

 

それでもね。

そりゃないわーと思うよドラマの展開。

先月号の最終回を読み終えた今はなおさら。

 

原作は、まぁまぁ面白かったです。

わたしも、独身アラサーの立場で読んでいたら、はまってたかもしれない。

でも今のわたしは既婚アラフォーで、どっちかっていうと、ドロドロ不倫漫画にはまっちゃう感じなので。

 

そして既婚アラフォーの立場で言わせてもらうと、倫子さんは10年後、早坂さんを選ばなかったことを10000%後悔する。断言するね。

 

あ、でもね。

最終回のラスト、早坂さんとの別れはすごくよかった。

 

あのときこうしていタラ

あのときこうすレバ

 

そんな後ろ向きだった倫子さんが

早坂さんの言葉で

タラじゃない

レバじゃない

カラなんだって思えて終わる。

 

あのときのあのことがあったカラ

あのときの失敗があったカラ

あのときの失望があったカラ

今現在がある。

今こう思える。

今がんばれる。

 

この考え方はわたしの心にはすっごく響いて

今でも呪文のように唱えてます。

 

まぁ10年後、KEYくんとの仲が破綻した倫子さんの支えになるでしょうよ。

 

実はわたしも、少し前から、かーなーりつらい感じで

先日も大きな失敗しちゃって

失ったものもかなりでかくて

浮上できなくて

 

もしあのときこうしていタラ

こう動けレバ

 

思ってしまいそうになことが多くて

でもそんなときはすぐに、漫画の最終回を思い出して切り替える。

 

あの出来事があったカラ

こう動いてしまったカラ

 

よくも悪くも、今がある。

それをよくするのも、悪くするのも、自分次第なんだって。

 

もともとポジティブなんだけどね。

それでもちょっと最近は厳しくて

でもこの漫画の最終回の

タラレバじゃない。カラカラなんだ!』

っていう言葉を唱えて

がんばりますよ。

 

とゆーことで。

ドラマはいまいちだったって方にも

原作はオススメです。

なんなら最終回だけでもオススメです。

 

ぜひ。

タラとレバの説教は、個人的には読み飛ばし可かと。

 

 

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)

 

  

 

 

海月姫(1) (Kissコミックス)

海月姫(1) (Kissコミックス)

 

 

 

海月姫 コミック 1-15巻セット (KC KISS)

海月姫 コミック 1-15巻セット (KC KISS)

 

 

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

※業務連絡

 

タンポポ(id:tanpopotanpopo)さん

ありがとー。
無問題って伝えてー。
 

スポンサーリンク