読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想文

本や映画や、いろんなことの感想文を書いています。

スポンサーリンク

『おとうさんがいっぱい』を読んだ

読書感想文

 この本を読んだのは、たしか小学5年生くらいのとき。

 

おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)

おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)

 

 三田村信行さん・・・今は、子供たちに大人気の『キャベたま探偵シリーズ』など、みんなに愛される児童書を多く書かれていますが

この本は違います。

 

この本は、下記の5つの短編が収録されているんだけど

 

 ☆ゆめであいましょう
 ☆どこへもゆけない道
 ☆ぼくは5階で
 ☆おとうさんがいっぱい
 ☆かべは知っていた

 

どれもこれも

めっちゃ怖いです。

 

それも、おばけが~とか、血が~とか、犯人が~とか、そういういわゆる「怖い話」じゃなく、読んだ後、目に見えるすべての世界が嘘くさく、作り物に思えて、その思いは自分の存在そのものにも向けられ、自分なんか本当はいないんじゃないか?という感覚におちいる怖さです。

小学5年生が。

この本が学校の図書室に置いてあったこと自体、得体のしれない陰謀に思えます。

 

アマゾンのレビューには、自分の子供にも読ませたいとか書いてる人いたけど、私は、長男がこの本を手に取ったとき

読むのをとめました。

情緒不安定になって、外出できないとか、学校行けないとか、寝れないとかになったら困るので。

それくらい

危険な本です。

 

私自身は、図書室で借りて読んだ強烈な記憶が忘れられず、大人になって、買いました。当時は『同じ作者の別の作品を読んでみる』という発想ができなかったので、三田村さんの他の本は読まなかったんですが、

読まなくてよかったと、心から思います。

大人になってから読んだ他の作品も、児童書とはとても思えない闇の深さに震えました。でも、さりげなさでいったら、この作品がやっぱりピカイチかも。後で知ったんですが、この作品を含め、三田村さんの著書の何冊かは『トラウマ児童文学』として名高いんですね。

 

この本に収録されている5作品は、どれも甲乙つけがたい恐ろしさですが、子供のころ、特に印象に残ったのは


  ☆どこへもゆけない道
  ☆ぼくは5階で
  ☆かべは知っていた

 

この3作です。この中からさらに1つを選べといわれると、もう本当に迷いますが、むりやり選ぶとしたら
  
 ☆ぼくは5階で

 

でしょうか。『どこへもいけない道』とともに、家に帰れなくなる恐怖を描いていますが、家に帰れなくなるというよりは、自分がいなくなるというか、いや自分はいるんだけど、認知されなくなるというか、子供時代に誰でもきっと感じたことがあるであろう『自分って何なんだろう?』という漠然とした不安を増幅させられ、読後は、淵のない不安感に取り込まれてしまいます。

これを子供に読ませるなんて、なんて恐ろしい。

 

私が今でも、時々、自分の存在を不確かなものに感じる瞬間があるのは、まさに

この本のトラウマかもしれません。

 

お子さんが読んでしまったら、かなりの高確率で、しばらくの間、1人でお留守番や外出ができなくなるので要注意です。

 

そういう意味では、あまりオススメはできないけれど、そういう怖いものみたさとか、もやもやとした読後感が好きな方にとっては、これ以上の本を、私は知りません。児童書だし、短編集だし、読書が苦手な方でも簡単に読めます。

 

ただし、読んだことを一生後悔するかもしれないけれど。

忘れられない1冊になるのは確かです。

 

スポンサーリンク