読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想文

本や映画や、いろんなことの感想文を書いています。

スポンサーリンク

デパート松坂屋上野店の大理石壁のアンモナイト化石を見た!!

あそび場 思うこと 化石

化石が好きです。

 

これは化石愛を語った過去記事。

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

これは愛読書。

 

化石ウォッチングin City (カラーブックス)

化石ウォッチングin City (カラーブックス)

 

 

 

所用があって

 

f:id:nemurenai-same:20150901140111j:plain

 

 

f:id:nemurenai-same:20150901140200j:plain

 

 松坂屋上野店に行ったとき

 

f:id:nemurenai-same:20150901160515j:plain

 

 

f:id:nemurenai-same:20150901160618j:plain

 

 

あれ?ここもしかして化石があるデパートなんじゃ?と思い立ち

 

教えてグーグル先生!!

 

愛読書を携帯していないところが、まだまだ化石オタを語る資格なし。

 

しかし普段から愛読書をパラ読みしてた甲斐あって、やっぱり!!

松坂屋上野店は化石スポットだという先生のご回答。

 

どうやら松坂屋上野店南館という建物のエレベーターホールに立派なアンモナイトの化石があるらしい。

 

しかし・・・指定場所に行ってみるもアンモの影はなし。

 

今いるところはもしかして本館とかなのか?

 

んで、居合わせたレベーターガールに聞いてみるも

 

『南館という建物は存じません』

 

慣れない敬語使ったら謎の強気口調になっちゃったみたいなお返事をいただき(『あ?アンモナイトの化石って何の話だよ?南館なんてそもそもねーよ。てかしゃがみこんで壁見てるとか怪しすぎだし!その上わけわかめなこと聞いてくんなよおばはん!』というガールの心の声が筒抜けで、心が折れかけた)

 

でもグーグル先生はハッキリと『松坂屋上野店南館にアンモが!!』とおっしゃっているし、折れかけた心を立て直し、インフォメーションへ。

 

場所柄なのか老舗デパート柄なのか、ものすごい不自然な釣り目アイメイクの受付嬢に若干たじろきつつも聞いてみたところ

 

南館は閉鎖され、現在改装工事中

・でも化石は本館にも少しだけあります

 

と、なんと!!松坂屋上野店にある化石のリーフレット(A42枚)をくれた!!

f:id:nemurenai-same:20150901141828j:plain

 

f:id:nemurenai-same:20150901142106j:plain

 

思ってた以上にメジャー!!

聖地!!

 

南館がすでにないっぽいことはエレベーターガールの反応からもわかっていたけど、やっぱりショック。

 

でも松坂屋インフォメーションで化石の資料もらえるとか思いがけなすぎ!!

 

おおかたあきらめつつもボタンぽちぽちやってたら、はぐれメタル倒せちゃって、え?うそでしょマジ?みたいな、あの感覚(わかるか!!)。

 

釣り目メイク受付嬢にお礼をいい、興奮気味で目を通す。

 

しかしリーフレットを見てみると、アンモがあるのは、もう取り壊されてしまった南館だけで、本館にはなんちゃらサンゴとかいう珍しいらしいサンゴの化石しかない。

 

はーサンゴかー。

いくら珍しくても所詮サンゴかー。

 

前回の化石記事にも書いたけれど、化石の素晴らしさは、写真からは全く伝わらない。なのでリーフレットの、なんちゃらサンゴの写真を見てもちっともときめかず、落胆・・・。でもせっかくだからなんちゃらサンゴの化石見て帰るかな。化石がある壁は1階の階段のとこらしいから、近いしね。これもし6階とかだったら、見ずに帰ったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナガレサンゴキターーーー!!!

f:id:nemurenai-same:20150901143007j:plain

 

めっちゃ感動。

めっちゃ興奮。

 

やっぱ化石は実物を見ないとダメだと思う。

 

そもそも、この壁の材料になっている『大理石』って、サンゴ礁が土砂に埋まって浸食、風化してできた石灰石(理科の実験で塩酸の中にいれると二酸化炭素でるやつ)が、圧や熱によって変成してできた石だから、大理石そのものがサンゴ礁の化石ともいえる。だから、大理石の中には、そのサンゴ礁で生きていた生き物の化石がたくさん入り込んでいるのだ。

 

でね、目がなれてくると、もうそこらじゅう、化石だらけなのに気づく。

f:id:nemurenai-same:20150901144201j:plain

この写真の真ん中に2つみえてるうずまき、あとそのまわりの虫みたいなやつは、貨幣石という、貝のなかまの化石だ。これはもう、壁一面にある。

 

f:id:nemurenai-same:20150901144534j:plain

これはサンゴ。もらったリーフレットにも載ってたけど、実物はオーラが違う!!

リーフレットで見たときは全然興味なかったけど、実際に見ると、明らかに有機的な何かの構造模様に

 

感動。

 

サンゴのまわりも、貨幣石だらけなのわかりますか?

 

 

f:id:nemurenai-same:20150901145601j:plain

これも貨幣石。大きさは、人差し指より少し短いくらいかな?

 

f:id:nemurenai-same:20150901145832j:plain

 

f:id:nemurenai-same:20150901150030j:plain

 

f:id:nemurenai-same:20150901150619j:plain

 

これらの写真は1階~地下1階へ続く階段でとったもの。

ボケちゃったりして載せられないのも合わせると、本当は20枚近く撮った。

もう本当に、壁一面化石で、気づいてしまうと圧がすごい。

 

1人だったら1階から8階まで、全部の階段の大理石壁を見て回りたかったところだけど、今回は断念。でも絶対にもう1度、今度は1人で来ようと心に決めている。

 

でね、まぁじゃあアンモもいないし、化石もいっぱい見れたし、そろそろ帰ろうか、というところで、長男

 

「トイレ」

 

案内板を見ると、トイレは1階にはなく、M2階という中途半端な階にあるらしいので、上の階へ上がろうとすると、階段の壁なにやらガラスのショーケース。

 

 

ん?

 

f:id:nemurenai-same:20150901151705j:plain

 

んん?

f:id:nemurenai-same:20150901151733j:plain

 

んんん??

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nemurenai-same:20150901151832j:plain

 

アンモキターーーー!!

 

釣り目メイクの受付嬢はきっと化石に全く興味がなさすぎて、知らなかったんだろう。

 

1階からM2階に向かう階段の途中に、今はなき南館のエレベーターホールの一部の壁が、ガラスのショーケースに入れられて保存されているのだ!!

 

あれ?

もしかしてこれめっちゃ有用な情報じゃない?

 

だからもう1回赤字で繰り返します。

 

かつてあった、松坂屋上野店南館のエレベーターホールのアンモナイト化石は、本館1階からM2階に上がる階段の途中で見られます!!

 

 

いつになく、この記事の有用性半端ない!!

 

 

 

 

f:id:nemurenai-same:20150901153539j:plain

 

 

f:id:nemurenai-same:20150901153617j:plain

 

 

f:id:nemurenai-same:20150901153700j:plain

 

 

かつて南館のエレベーターホールの大理石には、このようなアンモナイトの化石がめっちゃめちゃ多く見られたんだそうだ。保存されてるのは、そのごく一部。あぁ、本家を見てみたかったなぁ・・・。もう壊されちゃったけど。

 

 

 

最近の大理石は人工なので、化石が見られるビルはかなり年季の入ったビルに限らている。そしてそのようなビルは、松坂屋南館みたいに、建て替えられたり、傷んだ大理石がリフォームされてしまったりして、街中で化石が見られる建物は年々少なくなってきているんだそう。今回行った松坂屋本館も、レトロ感いっぱいの建物で、やっぱり大理石部分は傷んでひびが入っていたりしたので、もしかしたら数年以内に建て替えられてしまうのかも。または、南館が完成したら、今度は本館を・・・っていう計画があるのかもしれない。まぁ仕方がないこととはいえ、やっぱり寂しいですよね・・・。

 

ということで、ビルの壁の中の化石を見てみたいと思われた方、お早めに行くことをオススメします!!

 

てか人のこと言ってる場合じゃなくて!!

 

私も行ってみたい化石スポットには早めに行くことにします!!

 

以上。

 

初めての

 

街中ビル化石体験記!!

 

 

関連記事

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

スポンサーリンク