読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想文

本や映画や、いろんなことの感想文を書いています。

スポンサーリンク

ちょっと待って!!肉食反対デモ・毛皮反対デモへの参加を考えている人へ ②

動物問題

この記事は、畜産動物などの残酷な現状に気づき、肉食反対デモへの参加を検討している人に向けて書いています。

 

 

私は、愛護団体の、肉食反対デモ・毛皮反対デモ・イルカショー反対デモに反対しています。

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

理由はふたつ。

この記事では、そのうちの1つについて言及します。

 

 

彼らのデモの内容を知っていますか?

 

 

かわいい動物のきぐるみを着て子供たちの気を引き、寄ってきた子供たちに、屠殺などの残酷画像のプラカードを唐突に見せつける行為。

 

子供たちにとって安全であるはずの公園や街中で、テレビや映画なら確実に規制がかかる残酷な画像や動画を、大人子供関係なく、不特定多数に一方的に見せつける行為。

 

私は、事実を隠すべきと思っているわけではなく、安全で道徳的な方法で周知されるべきだと思っています。

 

でも彼らの伝え方は、自分たちの正義を振りかざすだけの、ただの暴力だと感じます。

 

さらに、これらの、子供たちの精神を危険にさらし命を脅かしかねない行為を、何の躊躇も迷いも後ろめたさもなく、『動物のため』という大義名分のもと『事実だから』『無知は罪』『子供がPTSDになろう知ったこっちゃない』といって、立ち返ることもしない姿勢。

 

そのことを指摘すると、警察の許可をとって合法的に活動してるんだから文句言うなという答えが返ってきます。

しかし、彼らの掲げている血の色をしたパネルは、メディアなら明らかに規制がかかる類のものだし、その規制が一般人のデモには適用されていないだけで、ただ法の目をかいくぐってるだけのことです。

 

それに合法だからいいだろって言うなら、彼らの訴えている肉食や毛皮売買やペット産業だって、現時点では合法なわけで、自分たちの活動が『合法だから』問題ないと主張するなら、法の下で行われているすべての動物問題も『合法だから』と一蹴されてしまうのも仕方がないですよね。

 

筋が通らない主張はだれも受け入れてくれません。

 

動物を傷つけるのはダメで、人間の子供を傷つけるのはいいんですか?

どっちも、非難されるべき行為です。

 

私は、動物さえ救えればいい、動物至上主義のあまり、子供たちを傷つけることに躊躇がない彼らの活動に、社会を構成する大人として反吐が出ます。

 

そして子供たちを傷つけても構わない、必要な犠牲だというわりに、自分たちのPTSDには優しいんですよね。なんなんですか。それでも大人なんですか。

 

maypat01.blog.fc2.com

 

 

 

バタリーケージの鶏、可哀想ですよね。

ストールの中の豚、可哀想ですよね。

 

その現実を知ったとき、あなたが次に起こす行動は、無知だ無知だと言って他人を責め、傷つけ、迷惑をかけるデモ行為ですか?

 

動物たちを救うためなら、誰に迷惑をかけてもいい、誰を傷つけてもいい、たとえその現実を、何の前触れもなく突然見せつけられた多感期な子供たちが、こんな残酷な世界で生きるのはいやだと命を絶ってしまっても、それでも声をあげることで変えられることがあるからと、デモ活動に参加するんですか?

 

 

amour918.blog.fc2.com

 

彼らはよく『アニマルライツセンターの活動です』『世界一斉イベントです』と強調するんですが、それでなにか箔がついて、その活動が正当化されるとでも思ってるんですかね?

 

世界的だろうとなんだろうと、暴力行為であることに、変わりはありません。

 

ちなみに屠殺場が全廃になったら猫のエサはどうするんだろう・・・という素朴な疑問・・

 

 

 

私がこんなにも、彼らの活動に批判的なのは、私自身がその事実を知ったとき・・・高校生の頃なので、20年以上前のことになりますが・・・何年もPTSDに苦しみ、何度も自死を考えた経験があるからです。

こんな残酷な世界に生きていたくないと、こんな残酷な人間社会の一員でいたくないと思いました。

それほどまでに、事実は残酷です。

私は活動家さんたちのように、誰かを責め、偽善に浸ることでなんて、罪悪感をぬぐうことはできません。

残酷な社会で生かされている罪悪感を、一生背負っていくしかないと思っています。

だからこそ、人によっては、タイミングによっては、自死を考えてしまうほどのショッキングな事実を、デモなんていう方法で一方的かつ強制的に突然つきつける行為は、本当に危険だと感じています。

 

無知は罪というけれど、まず知ることからというけれど、事実を知ることで、その重さに耐え切れず、生きていけなくなってしまうのなら、無知でいることも許されるんじゃないかと、今の私は思っています。

 

何をどう考えたって、家畜の命より人の子供の命の方が優先されるべきてす。

 

肉食反対デモの後は、参加者さんたちで、ヴィーガンレストランで打ち上げするのが定番らしいです。

 

デモの充実感に浸ってる間に、デモに遭遇した1人の子供が、死を考えるほどに追い詰められているかもしれないのに。

 

きぐるみをきて、プラカードを持って、笑顔でピースして写真を撮っているあなたたちの目には見えないだろうけれど、デモで見せられた写真が脳裏から離れず、不眠やうつに苦しむ子供が実際にいるんです。

 

そんな子供たちのことを、あなたたちは『残酷人種』と呼び、傷ついて当然と言うんですか?

 

未来を担う子供たちを守り育てる大人社会の一員として、その行為は問題ないんですか?子供たちの命より、動物の命が大切ですか?

 

デモを主催している方はもう聞く耳がないのは知っています。

これから参加を考えている方に、立ち止まってもらいたいです。

 

 

デモ行為は悪目立ちし、大きな影響があると思います。

そのデメリットの重大さ、人を傷つけ、命を奪う可能性のある行為なんだと自覚して、参加するならしてください。

 

肉食反対デモは、殺人につながる暴力行為です。

 

 

関連記事

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

関連サイト

ncode.syosetu.com

 

 

 

スポンサーリンク