読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想文

本や映画や、いろんなことの感想文を書いています。

スポンサーリンク

『バタリーケージの卵を食べたくない!』キャンペーンのこと

動物問題 思うこと

私は普段、平飼いの卵を購入しています。

だけどそれを人に勧める活動には、賛同できません。

 

動物愛護団体『アニマルライツセンター』の活動の1つ。

『バタリーケージの卵を食べたくない!』キャンペーン。

 

f:id:nemurenai-same:20160605075208g:plain

 

※リンクは貼りません。検索は自己責任でお願いします。

 

その活動として、主に渋谷の街中で、デモをしているみたい。

ニワトリの着ぐるみを着た人が、オリに閉じ込めらてているパフォーマンスをして、バタリーケージのニワトリたちの悲惨さを声高に訴えています。

 

 

このデモは、肉食反対デモよりも受け入れてもらいやすいのかもしれない、とは思う。

オリに入ったきぐるみのニワトリは人目を引くだろうし、一瞬、足を止める人も多いんじゃないかな。

 

でもね。

たとえばそのデモを見て、あぁバタリーケージのニワトリって可哀想なんだな、じゃあ今度から平飼いの卵買おうってなって、その罪悪感から逃れられる立場の人ばっかりじゃないんです。

 

前記事にも書いたけど、卵はありとあらゆる食品に使われています。

ケーキ、クッキー、アイスクリーム、ハンバーグ、天ぷら・・・。

 

養鶏場で働く人だけじゃない。

飲食に関わるお仕事をしていて、毎日何十個、何百個の卵を使ってる人もいるし

子供たちの給食を作ってくれている人。

それに

平飼いの卵は6個300円と言っても、安い時には10個100円で売ってる普通の卵の値段の、5倍。

すべての人が購入できるとは思えない。

 

そんな風に

可哀想だってわかってるけど、立場上、そう簡単に行動にうつせないジレンマに苦しんでる人もきっとたくさんいて

その人たちが、あのデモを見たとき

責められてるような気持になるんじゃないかと思うと

私は子供の頃からバタリーケージのニワトリのことを考えてきたけど

バタリーケージ反対!!と、声を大きくして訴える気にはなれないんだよなー・・・。

 

まぁデモをしている人は大抵、菜食主義の人たちだから

6個300円の卵を買えないなら、卵を食べなきゃいいとか

卵不使用のケーキやクッキーもあるとか言うんだろうけど

そういう代替品を使ったお菓子って、ものすごく高価なんですよ。

 

結局、お金持ちで、ニワトリのことまで思いやる余裕のある人たちの、綺麗ごとなんじゃないかなーと思うこともある。

それか、自分は優しくて善い人間なんだって思うための正義ごっこ。

 

『バタリーケージの卵を食べたくない!』って言ってるけど、デモで訴えてることは

『バタリーケージの卵を食べるな!』だからね。

結局上からなんだよね。

『食べたくない!』なら、食べなければいい。

それを街中で宣言してる意味がわからない。

 『私はバタリーケージの卵は食べない優しい人間です!だからあなたたちも、私みたいな優しい人間を見習って、食べるのをやめましょう!』

ってことなんですかね?

 

他の記事でも書いたけど

『事実を知ることでしか社会を変えることはできない』

『無知は最大の罪』

『まずは知ることから』

動物問題を考える時、よく言われることだし

私だって、知る人が増えればいいなと思ってはいるけれど

(だからこそ、こんなPVも取れない記事を量産してるわけだしね)

それでも、知ることで生きていけないほど苦しくなってしまうのなら

無知でいたっていいと思う。

 

誰にでも、事実を知る権利はあるけど、知る義務はない。

 

事実を伝えることで、人を傷つけたり、誰かに矛先を向けるようなことになるかもしれないことに、もっと慎重になるべきだと思う。

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

 

と思ってたとこに、前記事でもリンクを貼らせてもらった、鶏迦(id:tyratorico)さんの最新記事。

 

tyratoricotyracocco.hatenablog.com

 

やっぱり、思った通りの方だった。

鶏迦(id:tyratorico)さんなら、鶏にも、人にも配慮した、でも的確に真実を伝え、人の気持ちを動かすことのできる、素晴らしい記事が書けると思う。

 

 

動画サイトでも、新しい動画を追加してくれています。

 

www.youtube.com

 

新しい動画では、養鶏場の全体像が見られます。

 

動物愛護団体のサイトで見るより、ずっとずっと臨場感あるし、隠し撮りじゃないし、愛護フィルターかかってないし(愛護サイトの動画は、養鶏場に対する憎しみが溢れてる)、鶏の体温が伝わる動画でした。

撮影してる鶏迦(id:tyratorico)さんが、鶏に本当に愛情を持たれているから撮れる動画だと思った。

ケージにこすれて、羽毛がはげてしまっているニワトリの姿は、痛々しかった。

 

養鶏場やニワトリやバタリーケージに興味を持たれた方は、愛護団体のHPより、私のとっ散らかったブログより、鶏迦(id:tyratorico)さんのブログを読んでほしいです。

 

tyratoricotyracocco.hatenablog.com

 

鶏迦さんは、色彩あふれる素敵なイラストも描かれています。

 

f:id:nemurenai-same:20160605091006j:plain

ブタさんの屠殺場に電話した - にわとりゎティラノサウルス より引用

  

 

 

 

 

 

ということで。

 

このブログでのバタリーケージの話はこれでおしまいにします。

後は鶏迦(id:tyratorico)さんのブログと動画サイトでぜひ←しつこい

 

 

私は、ここ数記事のために急降下したPVを取り戻すべく(じゃないと赤字。でも悔いはない)、ちょっと気分を転換して、次はなるべく楽しい記事を書きたいな。

 

・・・けど・・・どうなるかな・・・?

 

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

 

スポンサーリンク