感想文

本や映画や、いろんなことの感想文を書いています。

スポンサーリンク

映画『アリス イン ワンダーランド~時間の旅』3D[日本語吹き替え版]を見た【対象年齢あり】

家族が誰も見たがってなかったので、公開初日の朝一に1人で行ってきました。

 

映画『アリス イン ワンダーランド~時間の旅』

f:id:nemurenai-same:20160701204633j:plain

 

あんましネタバレたぶんしてない感想文です。

でもちょっとはしてるかもなので、ネタバレしたくない方はお戻りを。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、朝一上映で割安だったこともあって、3Dで見たんですけどね。

 

ひとつ言えることは

 

泣ける映画は3D鑑賞に向かない

 

ということ。

 

泣くたびに、3Dメガネのレンズが涙で濡れるから拭かなきゃなんなくて、けっこうやっかいでした。

急いで拭いて、ちゃんと拭ききれてなくて画面ちゃんと見えなくて、もいっかい拭き直したり、何回かしました。

 

でも、CGは本当にすごい!!

 

f:id:nemurenai-same:20160702121218j:plain

 

 

から、涙腺強い人は3Dおすすめです!!

 

 

この映画は、2010年に公開された、映画『アリス イン ワンダーランド』の、一応続編(前作の3年後って設定なんだって)。私は今日思いつきで見に行っちゃったから、前作を見てなかったんだけど、お話自体は前作を見てなくても全然OK。

 

 

でもね。

これはたぶん

 

前作を見てから行った方が、絶対にいいやつ!!

 

前作と同じキャラ、不思議の国の住人がたくさん出てくるから、きっと再会できて感動できると思う!!

 

f:id:nemurenai-same:20160702121457j:plain

 

私は帰りに前作のDVDを借りてきて見たんだけど、もし前作を見てから今作を見に行ったら、もう少し印象よかったかもしれないなぁと思いました。

 

 

今作は、世界観自体は前作同様『不思議の国のアリス』なんだけど、続編の『鏡の国のアリス』にしか登場しないキャラが、ちょこっとだけど出てきます。

 

私は中学生か高校生の頃に読んだきりだったんだけど、それでも、あ!鏡の国!ってわかったよ。

 

見る前に読んでいけば、もっと嬉しかったかも。

 

てかね。

今作を見ると

 

あぁ前作見てから見ればよかった~

てか『鏡の国のアリス』読み直してからくればよかった~

 

って思うし

 

前作を見ると

 

あぁ『不思議の国のアリス』読み直してから見ればよかった~

 

って思うから

 

要は

 

この作品を見る前に

『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』をもう1回読んで(未読の人は必読!!)

前作『アリス イン ワンダーランド』を見るのが超絶オススメです。

 

 

そういう予習しないで見ても楽しめるか?

うーん。

そうですね・・・・・・

 

ぶっちゃけ

ストーリー自体は正直、個人的にはいまいちだったので、そこはかなり微妙かと。

 

 

お話の核となってるのは、わるもんの赤の女王と

 

f:id:nemurenai-same:20160702121849j:plain

 

 

いいもんの白の女王の

 

f:id:nemurenai-same:20160702121902j:plain

 

 

幼少期の確執なんだけど

 

前作ではきっとその設定はなかったんでしょうね。

とってつけた感満載です。

 

前作で国を追放された赤の女王が、なんでタイムや兵隊をまた引き連れてるのかも、よくわかんないし。

 

 

マッドハッターのトラウマも後付けでしょうね。

 

f:id:nemurenai-same:20160702121835j:plain

 

 

というか正直、マッドハッター・・・『不思議の国のアリス』の『帽子屋』には、そんなトラウマ設定つけてほしくなかったな・・・っていうのが、率直な感想。

 

てかさてかさ、この設定が本当なら、一番悪い・・・っていうか、諸悪の根源は白のじょ・・・・・・むぐむぐ。

 

とにかく、前作にとってつけたエピソードを、お話の核にしてるんだけど、とってつけたもんだから説得力がないというか、そんな設定ないまま前作も原作本も楽しみたかったというか、蛇足というかなんというか。

 

実際、パンフレットにも、前作の『アリス イン ワンダーランド』が好評だったから続編をつくることにしたんだけど、誰も続編を想定してなかったから、つくるのが超大変だったということが書かれていました。

 

うんうん。

たしかに、ないもん絞り出した感じ。

 

ストーリー中には、過去は変えられないとか、親子の絆とか、信じることの大切さとか、いろんな教訓がもりこまれていて、見てるときはほろっと泣かされちゃったり、うんうんと思ったりもしたんだけど、見てからまだ1日も経ってないのに、心に深く残ってることが1つもないっていう。

 

一生懸命思い出さないと、ストーリーも思い出せない感じ。

 

 

序盤に出てきたアリスの名言

『不可能を可能に変える方法はただ1つ。できると信じること』

っていうのも、どこにつながってたのかよくわかんなかったし

アブソレムの助言

『足音には気を付けて』

っていうセリフも結局、どこで回収されたのかわかんなかった。

 

ラストで、アリスが、お父さんの形見の時計をタイムにあげちゃうのも、お父さんの船を『ただの船よ』って言い放つのも、ちょっと心情がわかんなかったな。

一連の冒険で、アリスが何を学んで感じてその結論になったのか、見ていて共感できなかった。

 

前作を見てから今作を見たら、もしかしたらマッドハッターとアリスのやりとりには、もっと深みを見いだせたのかも?しれないけれど。

 

f:id:nemurenai-same:20160702122218j:plain

 

 

でもね。

さっきも書いたけど

 

CGは本当に素晴らしいんです!!

 

アリスも、『不思議の国のアリス』のイメージのまんまですごくいいっ!!

 

だから、原作本を読み直してから行けば、物語の中のキャラクターがそのまま映像になってることにはすっごく感動すると思う!!

 

f:id:nemurenai-same:20160702122401j:plain

 

お茶会や宮殿のお庭の木が桜みたいなのも、幻想的でとても素敵だった。

 

 

これは前作の導入部分だけど

 

アリスが本棚とかが周りにある深い穴に落ちていくシーン。

無数のドアに囲まれた小部屋。

ガラスのテーブルに置かれた鍵。

カーテンの後ろの小さな扉。

『私を飲んで』って書いてある小瓶。

『私を食べて』って書いてあるお菓子。

 

そのあたりは原作がまんま映像になってて、すっごくわくわくしました。

 

・・・あ、これは今作じゃなくて前作『アリス イン ワンダーランド』の方ね。

 

 

今作では、前作にはいなかった、『時間そのもの』って設定の、タイムってキャラがすっごくよかった。

 

f:id:nemurenai-same:20160702121754j:plain

 

タイムは、原作本の帽子屋のセリフ『僕は去年の3月に時間さんと口喧嘩したから、このお茶会から動くことはできないんだ』から、生まれたキャラクターなんだって。

 

すごく魅力的なキャラクターだったから、タイムを物語の中心におけば、もしかしたらもっと心に残るお話が広がったんじゃないかと、少し残念。

まぁジョニデが演じてるのがタイムじゃなくてマッドハッターだから仕方がないのかもだけど。

 

それかもしかしたら、私の理解力がなさすぎて、映画のいわんとしたかったことに、ついてけなかったのか。

 

 

ティム・バートンとジョニー・ディップのコンビはすっごく大好きで、私が一番好きな映画(今は『ズートピア』と同率一位)『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『シザーハンズ』もこの2人の作品だし、だからこそ期待が大きすぎたってのもあるのかもだけどね。

 

 

一番印象に残ったシーンは、アリスが時間旅行で行った、登場キャラの子供時代。

まだ子猫のチェシャ猫が、『今から消えるから見て見てー』と、消える練習をするんだけど、まだうまく消えられなくて、しっぽだけ残っちゃうの。

 

まぁそのシーンは物語には関係ない、あってもなくてもいいシーンなんだけど。

ぶっちゃけ、そこだけは素直に心が動いた。

 

かーわーいーいー♡

 

ってね。

 

 

 

あ、吹き替え声優さんもみんなよかったよ。

特にタイムを演じた滝藤賢一さんはとてもよかった。

 

 

てかね。

普段そんなことしたことないんだけど

エンドロール最後まで見ないで出てきちゃったの。

エンドロールも3Dになってて可愛かったんだけど

なんかもういいやって思っちゃって。

 

 

ぐらいの感じです。

 

 

ということで

感想をひとことでまとめると

 

いまいち。

 

 

個人的に、子供の頃から脳内にいたアリスの白うさぎと、映画の中の白うさぎのイメージが違いすぎたのも、お話にのりきれなかった原因なのかもしれないです。

 

 

あ、でも、久しぶりに原作本を読み直そうって思えたのはよかったです。

映画より原作本の方がずっと好き!!←あっ

読むの楽しみ!

 

 

あぁ最後に対象年齢。

正直、子供向けって印象ではなかったかな。

でも、ラブシーンとかは一切ないので、子供でも安心して見られる作品です。

理解できるかは別として、映像美は、子供でも感動すると思う。

ストーリーを追えるのは、小学校高学年?か、中学生以上の方がいいのかも?

幼児~低学年の子たちには全然おすすめじゃないです。

 

 

おみやげ

 

入場者全員プレゼントの、冊子とホログラムのカード。

 

f:id:nemurenai-same:20160702133403j:plain

 

 

冊子の中は、キャラ紹介とか。

 

f:id:nemurenai-same:20160702133437j:plain

 

 

あと、パンフレット。

 

f:id:nemurenai-same:20160702133555j:plain

 

 

売店には、アリスグッズがいっぱいあって、チェシャ猫グッズとか可愛かったけど、購入するまでにいたらなかったなぁ。

 

 

 

でもね

レジで前に並んでたおねーさんは

アリスグッズ爆買いしてたので

私の感想はこんな感じだけど、好きな人にとっては、超傑作なのかもしれません。

 

 

ちなみに

 

映画館出たらお昼だったので

一杯飲んで帰りました♡

 

f:id:nemurenai-same:20160702133925j:plain

 

 

んで帰宅してすぐ、レンタルしてきた前作を見たりして

優雅な平日休みにはなりました。

 

 

 

見てよかった~とまでは思わないけど

見ない方がよかったとも思わない。

特に文句言いたいこともないけど

絶賛もあんましする気にならない。

まぁそんな感じ。

 

しつこいけど

CG技術はすごいから、見るなら映画館の大スクリーンがおすすめかな。

 

以上。

 

 

※記事内の画像は公式サイトから引用しています

 

www.disney.co.jp

 

 

 

 

アリス・イン・ワンダーランド〜時間の旅〜 (ディズニーアニメ小説版)

アリス・イン・ワンダーランド〜時間の旅〜 (ディズニーアニメ小説版)

  • 作者: カリ・サザーランド,しぶやまさこ
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 2016/07/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク