読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想文

本や映画や、いろんなことの感想文を書いています。

スポンサーリンク

映画『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』を見た!!【ネタバレあり】

映画感想文

今年も映画ドラえもん見てきました!!

 

f:id:nemurenai-same:20170319102713j:plain

 

おもしろかった!!

満足!!

感動とか涙なみだはあんましなくて、お話はけっこうあっさりしてた感はあったけど、それでも鑑賞後は

 

『あー、今年のドラえもんおもしろかった!!』

 

って素直に思える作品でした。

 

 

まずね。

 

作画がかわいい!!

 

f:id:nemurenai-same:20170319103116j:plain

 

なんかね。

いつものテレビアニメのドラえもんの昭和な感じがなくって

すごい今っぽい感じ!!

 

みんな目がつぶらだし

 

f:id:nemurenai-same:20170319103629j:plain

 

見てこのかわいいのび太!!

のび太、メガネをとっても、目がいつもの『3』じゃなくて丸いんだよ。

 

 

このふわふわもこもこのコートを基本ずっと着てるのもかわいい。

 

f:id:nemurenai-same:20170319103721j:plain

 

 

ジャイアンもすごいかわいくて

 

f:id:nemurenai-same:20170319103928j:plain

 

ぬいぐるみになっちゃうくらい。

 

そんな中、もうドキドキしちゃうくらいかわいいのが

 

f:id:nemurenai-same:20170319104041j:plain

 

この子!!

しずかちゃん!!

 

顔もだけど、スタイルも抜群で、ミニスカートからすらっと伸びた足に、何度もどきっとしちゃったよ。

もうね。

突然光って、プリキュアに変身するんじゃないかとハラハラしちゃった。

 

ポスターでもセンターをキープ!!

 

f:id:nemurenai-same:20170319105019j:plain

 

そんな、プリキュアかもしれないしずかちゃんの入浴シーンなんて、当然、お子さまが大勢見つめる大スクリーンに映し出すなんて、できるはずもなく

 

でも、その要素は絶対に入れないといけない縛りがあるのかなんなのか

 

異星の子・カーラが

『みなさん、シャワーをあびてほこりをおとしてください』

って言うのをうけて

『シャワー?嬉しい~♡』

としずかちゃん。

で、その次のシーンでは、食堂で待ってるみんなのところに、おそらくシャワーを浴びてきたであろうしずかちゃんが、しっかり服を着て

『おまたせ~♡』

 

この流れ、いる?

 

そうまでして入れないといけない要素なのか?

『しずかちゃんの入浴』って。

 

ちょっと謎でした。

 

でもまぁ無理ですよ。

しずかちゃんは、もうあの昭和な、いつもピンクのミニワンピース着てパンツ見えそうなしずかちゃんではなく

数年後、プリキュアになるかもしれない『女子』なんだから。

 

ドラえもんに出してもらったピンクのふわふわコートを着て

『どう?』

とポーズをとるしずかちゃんに、ほおを染めるのび太とドラえもん。

 

あざとい。

 

しずかちゃんはもしかして、黄色キュアになるのかもしれない。

 

 

 

あともうひとつ。

今回の作品で嬉しかったのは

 

作画は今風だけど

 

出てくるひみつ道具が昭和!!

 

『かべがみハウス』とか

『ひらりマント』とか

『とりよせバッグ』とか

 

もうタケコプターばりに紹介もなくさらっと、当たり前みたいに出てきて

 

うわぁ~なつかしい~!!

 

ってなりました。

 

特に物語の中でも大活躍してた

『ここほれワイヤー』

『ピーヒョロロープ』

昭和な道具なんだけど、使うのにひと手間かかるとことか、逆に平成の道具にはない斬新さがあって

見てて懐かしかったし楽しかったなぁぁ。

 

そうそう、それに

『さがし物ステッキ』はなぜか感情があって

怒ったり喜んだり落ち込んだりするんだよね。

それもかわいかったし懐かしかった。

 

 

そんな中でわたしが1番感激したのは、ダントツで

 

『コエカタマリン』!!

 

コエカタマリンね

子供の頃、テレビアニメで見て以来大好きで

何年生のときに見たのか忘れちゃったけど、その回のお話だけ異様に覚えてる。

これを飲むと、しゃべった声がカタカナになって固まる薬タイプのひみつ道具で

山で『ヤッホー』って大きな声で叫んだら、その字がどこかに落ちちゃってニュースになって焦ったり

ドラえもんに内緒でコエカタマリンつかったのび太が、ドラえもんにばれないように小さい声でしゃべるんだけど、それでも小さい文字が口からばらばらこぼれ落ちてバレちゃったり

大きい声で『ワッ!!』って叫んで、その『ワ』の文字に乗って空の散歩したり。

 

ね。

子供の頃、1回だけ見た30分アニメのわりに、めっちゃ覚えてるでしょ?

大好きなんです。

コエカタマリン。

 

タケコプターかコエカタマリンどっちかあげるって言われたら、迷わずコエカタマリンを選ぶくらい好き。

どこでもドアとコエカタマリンって言われたら、ちょっと迷うけど。

 

数年前、日本科学未来館で、コエカタマリンが再現されたっていう企画展示があって

 

hatenanews.com

 

行きたかったんだけど、子供が小さくて諦めたんだよね。

 

って

つい何百字も費やしちゃうくらい大好きなコエカタマリンが、今回の映画の中で大活躍してたの!!

これもタケコプターばりにあっさり出てきたっていうか、知らないうちにジャイアンとスネ夫が飲んでて、突然、何の前触れもなく登場したんだけど

固まってるジャイアンとスネ夫の声を見た瞬間

 

コエカタマリンだぁ~!!

 

って、叫びそうになりました。

 

パンフレットにあった監督インタビューでも

 

大人のみなさんにも懐かしく思い出してもらえるよう、ココホレワイヤーやトレーサーバッヂ、ピーヒョロロープといった、初期のひみつ道具を登場させています。

 

ってあったよ。

子供も大人も楽しめる配慮嬉しいよね~。

 

 

 

そして今回の作品は南極が舞台なんだけど

 

背景がとにかくきれい!!

 

満天を超えた星空。

空いっぱいに広がるオーロラ。

地平線のむこうまで続く氷野原。

氷点下何十度の冷たい空気が伝わってくるような描写。

 

すごく神秘的で綺麗で

南極に行ったら、本当にこんな景色、こんな空気感なのかなぁって

いやもしかしたらアニメだからそこには誇張があるのかもしれないけれど

それでも、そんな夢みたいな、静まり返った世界の中、目的に向かってそりで走り抜けるのび太たちの描写はすごく感動的で

大人のわたしでもそうなんだから、子どもはもっとだろうなぁと思って横を見たら

星と氷ばかりが広がる、静寂で壮大な光景に、長女が身を乗り出して見入っていました。

 

それだけでも、子どもたちに見せてあげられてよかったって思える作品になってた。

 

 

って。

物語の内容について全く触れないまま2000字超。

 

 

物語はね。

子どもがすごく楽しめる内容になってたと思う。

伏線や謎解きも、大人には簡単すぎるかもだけど、子どもはきっと、楽しめたはず。

 

敵がドラえもんに化けて、本物のドラえもんを本物だってみんなが信じられない中、のび太だけが信じてたとこも、ラスト、10万光年先のカーラの星に、緑がもどってるのを、天体望遠鏡で見るシーンも、ベッタベタだけど王道でよかった。

 

ひとつだけ、ジャイアンとスネ夫がリングを見つけてきたのに、カーラが『ありがとうのび太さん!!』って、のび太にお礼を言うシーンだけは、なんでだよ!!ってなったけど。

 

中盤、スネ夫が弱気になるお決まりのシーンもちゃんとあったし満足。

 

そうそう、序盤で、ふわふわスプレーをつかって氷をふわふわにしたり、氷ざいくごてっていうひみつ道具をつかって、巨大氷山の上にみんなで大きな氷の遊園地をつくって遊ぶ様子は、本当に夢いっぱいですっごくよかった!!

 

雲かためガスで雲をかためて、雲の上で遊ぶドラえもんたちに憧れる子どもごころを、がっつりつかんだと思う。

 

 

ということで。

 

今年の映画ドラえもん『のび太の南極カチコチ大冒険』

ストーリー的には、ちょっと物足りない部分もあるかもだけど

子どもはしっかりがっつり楽しめる内容だし

ストーリー以外の、ひみつ道具やアニメーションの綺麗さやキャラクターの可愛さで、満足度はかなり高い作品になってるんじゃないかとわたしは思いました。

 

はずれると作品をぶっこわす破壊力を持つゲスト声優さんも、ちょい役の悪役だったから、うまいのかへたなのかはわからなかったけど、鑑賞中の違和感はなし!!

 

 

楽しかったよ!!

 

 

 

 

おまけ。

 

パンフレット。

 

f:id:nemurenai-same:20170319131044j:plain

 

f:id:nemurenai-same:20170319131058j:plain

 

映画の中では名前が紹介されない昭和なひみつ道具の名前がのってるのでおすすめ。

 

パンフレットについてるペーパークラフト。

 

f:id:nemurenai-same:20170319131453j:plain

 

パオパオと

 

 

f:id:nemurenai-same:20170319131514j:plain

 

f:id:nemurenai-same:20170319131528j:plain

 

脱出パズル?

 

 

 

子どもたちはおみやげにこれを選んでました。

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の映画は最高の感動超大作だった!!

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

この春はこっちもおすすめ。

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

最近見た映画で1番好きなのはこれ。

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

話題にならなかったけど、超おもしろかったのはこの作品。

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

 

あと、今年の映画ドラえもん、このレビューもおもしろいよ。辛口。

 

www.sammbardaiku.com

 

スポンサーリンク