感想文

本や映画や、いろんなことの感想文を書いています。

スポンサーリンク

『特別な教科 道徳』についての講義を聞いた感想

教育大学のえらい先生の『道徳科』についての講義を聞きました。

 

なんでも、教育指導要領の改訂に伴って、道徳が正式に教科になるんだそうで。

でもさ

わたしが子どもの頃から道徳の授業ってあったし

ぶっちゃけ、教科化することで、何が変わるのかいまいちピンとこない。

今までだって『道徳』っていち教科だったんじゃないの?

 

と、まぁ疑問は解けないまま

『道徳』とはなんぞや

という話を聞きました。

 

道徳って

要は

『望ましい行動がとれるようになる』

『善悪の判断ができ、正しい行動がとれるようになる』

『社会的正義』

『相手の立場を考える』

『相手の状況を考える』

という心を育てることを目的としてるんだそうで。

 

でも

先生がいうには

『状況によって必ずしも正しい行動がとれないときもあるだろうし、それでもいい』

とのこと。

 

その割に

先生が自分の実体験として出した例は

『とても疲れていたので座って帰るために、乗る電車を1本遅らせて、整列乗車の先頭に並び、無事座れた。だけど、目の前にお年寄りが立ってしまい、ものすごく葛藤したけど席を譲った』

というもので、ちょっと白けた。

 

道徳の授業をちゃんとすれば、自分みたいな、正しい行動、望ましい行動がとれる大人になりますよって例だったのかなー。

 

そこはさ

『ものすごく葛藤したけど、迷ってるうちに、そのお年寄りは電車を降りてしまった』

とか

『自分が葛藤しているうちに、となりに座っていた人が席を譲った』

とかにして

『ものすごく恥ずかしい気持ちだったし、今でも後悔してる。もう2度とあんな思いをしたくないから、それ以来、自分の気持ちがよくなるために、席を譲るようにしてる』

『でもそれでも、たまに、譲れないときもある』

的な

だって人間だもの的な話を聞きたかったなー。

 

そして

『席を譲れなかった自分を恥ずかしく思う気持ち』

『席を譲らなかったことを後悔する気持ち』

を育てるのが、道徳の授業です。

的な話だったら、すごく、ストンと心に落ちたし、あぁうちでもそういうしつけをしようって思えたな。

 

って、自分で勝手に思って、そう思えてるからいいんですけどね。

 

まぁでも

『相手の立場を考える』

『相手の状況を考える』

っていうのは、最近のわたしには欠落してたことだったので

そのワードが聞けたのは、収穫でしたけどね。

 

でもさ本来

そーゆーことって座って聞く話からじゃなく

実体験から吸収して学んでいけるはずなのにね。

 

子ども社会でも

人とのつながりが希薄なんだなーなんて

らしくないことまで思ってしまいました。

 

まぁ

この講義を受けた日はね

どーーーーんと落ち込みました。

だって

『望ましい行動』なんて全然できてないもんわたし。

 

赤信号も渡っちゃうし

飲酒して自転車乗っちゃうし

飲みすぎて記憶飛ばすし

服は買いすぎるし

ツイッターにはまっちゃって家事おろそかにしちゃうし

嘘もつくし

仕事はいつもギリギリだし

ずる休みもしちゃうし

やんなきゃいけないこといっつも先延ばしにしちゃうし

意地悪しちゃうこともあるし。

 

そんなわたしは

立派なひと

正しいひと

正論を前にすると

そうでない自分が心底ダメ人間に感じてしまう。

 

まぁそんな風に

正論を聞かされて落ち込む心を育てるのが『道徳』だとしたら

道徳教育は成功してると思います。

 

 

 

学校の先生も

『道徳的な人』を演じなきゃいけなくて大変ね。

 

 

 

 

読もうと思ってる本。

 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

 

スポンサーリンク