感想文

本や映画や、いろんなことの感想文を書いています。

アラフォー理系女子がコラーゲンを飲みはじめたはなし

スポンサーリンク

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

コラーゲン。

 

皮膚の弾力性や強度に役立っている

 

引用元:コラーゲン - Wikipedia

 

らしいコラーゲン。

 

年齢とともに体内生産量が落ちるらしい

コラーゲン。

 

f:id:nemurenai-same:20170626084510j:plain

 

引用元:http://sports119.jp/fiber-protein

 

ということで。

 

世には、コラーゲン製品が大量に出回ってるじゃないですか。

 

飲むコラーゲン。

食べるコラーゲン。

塗るコラーゲン。

 

当方こう見えて

一応、リケジョのはしくれなわけでして。

 

 

ふっ。

 

コラーゲンってタンパク質だよ?

タンパク質って、超巨大分子だよ?

 

食べたって飲んだってどーせ、胃や腸でぜーんぶアミノ酸に分解されてから吸収されるんだよ?

 

いっくらコラーゲンの材料のアミノ酸とったって、それがコラーゲンに再合成されるとも限らない・・・ってかむしろ、コラーゲンの体内生産量が落ちてるんだったら、そのアミノ酸、コラーゲンじゃない別のタンパク質になるだけじゃん。

 

コラーゲンペプチド?

ナノ化したコラーゲン?

あはは~意味ない意味ない。

 

それコラーゲンじゃなく、ただのコラーゲンの切れ端だから。

 

運よくそのまま吸収されたって、コラーゲンとして機能しないってば。

皮膚よりむしろ、コラーゲン量が多い骨とかに吸収されて終わるっしょ。

または今すぐコラーゲンが必要な傷口とかさ。

化粧水でべたべたの無傷な顔になんかこないこない。

 

 

塗るコラーゲン?

さっき言ったじゃん。

 

コラーゲンはタンパク質なの。

超巨大分子なの。

そんなでかいもん、皮膚から吸収できるわけないでしょ?

 

塗ったって、表面にとどまって、ゼラチン塗ったみたいに、そのときだけぷるぷるになった気がするだけだから。

洗い流せば元通りだから。

意味ないって。

 

 

なぁぁんてね★

 

 

まぁ要は。

年齢で体内生産量が減っちゃったなら、もーそれはしょーがない。

塗っても食べても無駄無駄!

と、思って、諦めてたんですね。

 

 

でもね。

みんな思ってると思うんだけど

アラサー女子はもう全員可愛いからいいとして(言い切り)

アラフォー~アラフィフ女子って

もんのすごい個人差あるじゃないですか。

 

例えば同じ45歳でも

見た目年齢15歳ぐらい違ったりするじゃないですか。

 

かたやおばちゃん。

かたや綺麗な年上のおねーさん。

 

 

違いはなにかなーってずっと観察してたんですけどね。

やっぱし決め手は

 

ほうれい線

 

なわけですよ。

 

で、やっぱりこの年になると

多少ふっくらしてた方が、肌も張ってて

ほうれい線も目立たないし若く見える。

逆に痩せてると老けて見えがち。

 

もうね。

それは事実。

年取って痩せてると老けて見えるからやめた方がいいよ←

 

わたしもさ

もし身長がちっちゃかったら、または標準的な身長だったら

少しぽっちゃりしたかわいらしいおばちゃんを目指したんだろうけどね。

けっこう身長があるもんで

『ぽっちゃりしたおばちゃん』じゃなく『でかいおばちゃん』になってしまう。

 

 

それはやだなぁ・・・・・・

 

 

と思ってた矢先。

 

 

今までずっと、年下だと思ってた

むしろ36歳ぐらいだと思ってた知り合いが

 

実は年上で46歳だと発覚!!

 

えぇええええええ?!

 

 

しかも彼女、わたしと同じくらいの長身で細いんですよ。

でも若いの!

ほうれい線ないの!!

 

 

なんでなんでなんで?

何したらそんなに若いの?

なんでほうれい線ないの?!

 

聞くよね。

 

そしたら

 

コラーゲン

だと。

 

 

でもさでもさ

コラーゲンってタンパク質だから

どうせ消化されてアミノ酸になっちゃうじゃん!

意味ないんじゃないの?!

 

って食いついてみるとね。

 

彼女曰く

 

確かに胃や腸でコラーゲンは分解されてアミノ酸になってしまう。

 

でも。

 

大量のコラーゲンを胃腸で分解すると

その情報が脳にフィードバックされて

脳が

『やばい!いまコラーゲンいっぱい壊しちゃった!つくらなきゃ!!』

ってなって

コラーゲンの生成を促進させる指令を出す。

 

んだそう。

 

 

ためしてガッテンでやってたんだって!!

 

これさぁ、ちょっと説得力あるよね。

実はさ

胃腸から脳へのフィードバックって案外バカにできなくて

わたしが人工甘味料とらないのもそのためなんだ。

 

わたし、カロリーオフとかゼロとかのの甘い飲料、絶対飲まないの。

甘い飲み物飲むときは、潔く糖分入ってるやつ飲んでる。

コーラも絶対普通のコーラ。

ゼロとか飲まないよ。

 

あのね

人工甘味料ってカロリーほとんどないけど、砂糖の何百倍も甘いじゃん?

で、最近の研究では、小腸に味覚細胞がたくさんあることがわかったわけ。

で、甘いもんがその味覚細胞を刺激すると

その情報が脳にフィードバックされて

『やばいこいつ今から糖分大量に吸収するつもりでやがる!

今、血液中に流れてる糖分、引き上げないと、血液どろどろになって血管つまる!

とりあえず、血液中の糖分、脂肪に変えて、脂肪細胞に引き上げて待機しよう!』

って脳が判断して

脂肪生成を促進する指令を出すんだって。

 

人工甘味料なんて、味覚でいうと糖分より全然甘味強いからね。

だから人工甘味料は、より脂肪生成を促してしまって

痩せるどころかむしろ太る。

 

って研究結果があるの。

 

わたしはこの説をかなり信用してるわけですよ。

いやぁ~神経系のフィードバック機構ってハンパないからねマジで。

 

 

ということで

 

コラーゲンを摂取すると、そのコラーゲンが胃腸で分解されて、結果、脳からコラーゲン生成しろ指令が発動され、そのときにコラーゲン生成に必要なアミノ酸がじゅんぶん足りてれば、コラーゲンがちゃんと生成される

 

んじゃないかと。

 

でね。

 

コラーゲン始めました。

 

でもゼラチンとかでもいーらしいね。

あんまり不経済で家計を圧迫してきてらゼラチンに変える。

 

で。

コラーゲン飲み始めてから1ヶ月ちょっとですが。

 

 

ふと気が付いたら

 

ほうれい線ちょっと薄くなってきた。

気がする!!

 

いやほんとほんと。ほんとだってば。

 

 

あと

 

全身の肌が超しっとりしてきた。

これはガチ。

 

お披露目する機会が皆無すぎて残念すぎますが。まぁ自己満で。

 

 

とゆーことで。

理系がなにをいうって笑われそうですが。

 

コラーゲン、効果あるかもしれないよ?

 

ちなみにわたしが飲んでるのは、粉末をお茶とかの飲み物にとかすやつ。

めっちゃよく溶けてびびる。

冷たいのにもよく溶ける。

味は、ほんのちょっとだけ変わるけど、美味しい珈琲とかわざわざ飲んでるんじゃなければ、気にならない程度。

ほんとはドリンクタイプのやつがよさそうなんだけど、お高いんだもんなー。

 

ということで。

だまされたとおもって、おためしあれ。

 

 

あ、忘れてた。

 

お題だった。

 

もしも魔法が使えたら

 

ほうれい線と二重顎をきれいさっぱり消し去りたい!!

 

 

パーフェクトアスタコラーゲンパウダー(詰替用) 約30日分

パーフェクトアスタコラーゲンパウダー(詰替用) 約30日分

 

 

 

国産 フィッシュコラーゲン 100%粉末 (500g)

国産 フィッシュコラーゲン 100%粉末 (500g)