感想文

本や映画や、いろんなことの感想文を書いています。

発達障害と通知表の観点別評価のこと

スポンサーリンク

このブログ内でも何度も触れてますが、わたしは、大人の発達障害ADHDの気があります。

気があります、というか、ADHDです。

幸い、職業に恵まれ、なんとか社会生活を送ることができています。たぶん。

 

大人の~っていったって、別に大人になってから発達障害になったわけではなく、子どもの頃は発達障害って概念自体が存在しなかっただけで、当たり前ですが子どもの頃から発達障害です。

 

でね。

 

公立の小中学校の通知表のことです。

『観点別評価』っていうのがあって、各教科ごとに『意欲・関心』が、A・B・Cの3段階に評価されるわけです。

たとえば英語だったら、英語学習に対して、意欲・関心があるかどうか。

意欲っていうのは、がんばろうとする気持ちでしょ?

関心っていうのは、興味があるかどうかでしょ?

つまり、英語に興味があって、がんばる気持ちがあるかどうかを、教師に判断されるわけです。

 

そんなのわかるわけないじゃん?

 

なので、大抵の・・・というか、多くの・・・というか、先生はほぼ全員、それを

① 授業に忘れ物をしないか

② 提出物は期限内に提出できたか

をチェックして、『意欲・関心』の評価に反映させるわけです。

あ、先生によっては

③ 授業内の発言の回数

を数えて評価に反映させたりもする。

 

でもさー。

はっきりいって、その教科に興味も関心も意欲も全くない子でも

きっちりした性格の子だったら、忘れ物もしないし提出期限もちゃんと守るし

逆に、その教科に興味や関心や意欲がめちゃめちゃあっても

ほら・・・ADHDだったりするとね?

忘れ物しないとか提出物の期限を守るとか、もんのすごくハードルが高くて

意欲の高さに関わらず、できないときだってあるわけですよ。

 

 

今でも忘れられないのが、自分が小学校3年生のときのこと。

理科の授業で、リトマス試験紙をつかう実験があって。

調べたい液体をおうちから持ってくるように言われて。

わたしはめちゃめちゃはりきって、家じゅうの、20種類ぐらいの液体を、小さな駄菓子のプラスチック容器に入れて準備したわけですよ。前日に。

で、お約束通り、当日、持っていくのを忘れた、と。

相当残念だったみたいで、今でも、調べたかったなぁという思いとともに、忘れられません。

 

忘れ物も提出物も、その教科に興味があるかどうかと全然無関係なのに、忘れ物をすると『興味がない』って判断されちゃうの、どうなんですかね。

 

それに、授業中発言しないからって、興味がないって判断されちゃうのも、なかなか理不尽な話だよねぇ・・・。

 

でもさ、そもそも、子どもの『意欲・関心』を、親でもない教師が測って、しかも評価しなきゃいけないってとこが最大の問題点なわけで、先生だって、困っちゃうよね。

 

だからって、先生のあいまいな主観だけで評価するわけにもいかないし、評価には説明義務があるし、どうしても『意欲・関心』を数値化しないといけなくて、『意欲・関心』を数値化できる材料っていったら、やっぱり、忘れ物だったり、提出物だったり、発言回数ぐらいしかないわけで、他にどうしろっちゅーのって部分はあるよね。

他に方法がないんだから、先生わるくないと思う。

 

 

これはもう、発達障害の子は

その障害のせいで『意欲がない』『興味がない』って判断されてしまうことがあるっていうことを、その子自身が学ぶための評価

っていう解釈をすればいいのかなと。

 

そして

『意欲的』って評価されるためには、それなりのアピールをしないといけない。

黙ってても理解されると思ったら大間違いだぞ。

ってことも、全生徒が学べるよね。

 

すごいね。

世知辛い社会勉強だ。

 

 

平成30年度(あ、来年か)に、道徳が特別な教科として盛り込まれたり、小学校の英語教育が低学年からになったり、大きな指導要領の改訂があるらしい。

このあたりの評価基準も見直されるといいのになー。

 

世間でも、もちろん教育現場でも、これだけ『発達障害』が認知されてきているのに、『意欲』の評価基準が『忘れ物をしないか』って、ちょっと時代遅れだよねぇ。

 

だからって、発達障害を言い訳に、忘れ物をしていいとは全然思わないけど、少なくとも、それで『意欲』を測るのは違うと思う。

せめて小学生のうちは、そんな世知辛い社会を知らずにのびのびとさせてあげたい。

 

だってわたし、リトマス試験紙の実験、めちゃめちゃはりきってたんですよ。

持っていくの忘れたけど。

そしてそのことを、30年以上たった今でも忘れられないほど悔やんでるんですよ。

超意欲的じゃないですか。

 

そしてわたしの血を引いたADHD気味のうちの子、学校のプール、めちゃめちゃ楽しみにしてても、プールバッグ忘れていくしね。

 

それだけ見たって、意欲と忘れ物、全然結びついてないの歴然じゃないですか。

 

まぁ・・・社会的にはそれを『意欲がない』というのかもしれないけれどね。