感想文

本や映画やお店や食べ物や、いろんな感想をかいてます。

安くて嬉しい?

スポンサーリンク

こんなに仕立ても生地もいい服がこの値段で買えるなんて!

こんなに美味しいお肉がこの値段で食べられるなんて!

こんなに美味しいビールがこの値段で飲めるなんて!

 

安い!

嬉しい!

助かる!

感動!

お財布に優しい!

 

 

 

優しい?

優しい?

優しい?

 

確かにお財布には優しいのかもしれない。

 

 

 

だけど

質のいい服

お値段以上のごちそう。

 

値段に見合わない良質なものが流通する過程では

必ず何かが搾取されている。

 

それは動物の苦しみだったり

貧困層の労働力だったり

環境だったり。

 

 

フェアトレードのチョコレートは高い。

フェアトレードのコーヒー豆は高い。

フェアトレードの衣類は高い。

 

 

高い?

 

本当はそれが本来の、相応の対価。

 

 

 

国産のお肉が高くて

ブラジルのお肉が安いのはなぜなのか。

 

 

バタリーケージの卵が安くて

平飼いの卵が高いのはなぜなのか。

 

 

日本製の服が高くて

中国製の服が安いのはなぜなのか。

 

 

相応の対価が支払われているのはどちらなのか。

命が命として扱われているのはどちらなのか。

その流通に苦しみがより少ないのはどちらなのか。

その品物を購入することで誰かを笑顔にできるのはどちらなのか。

 

 

 

『安くて嬉しい』

 

その言葉の裏の残酷さに気づかないまま

浅はかにその言葉を吐く大人になりたくない。

 

 

ウシの幸せより家族の幸せの方が大事。

知らない国の知らないお母さんが子どもと一緒に暮らせないのは

わたしがかわいい服を買うためには仕方がない。

 

そう。

わたしは手に届く範囲の幸せだけを考えていればいい。

 

美味しいね。

楽しいね。

かわいいね。

 

 

わたしは

わたしたちは無力だから。

彼らのためにできることなんて1つもない。

 

 

 

 

だけどわたしは

 

安くて嬉しい

 

なんて

 

口が裂けても言わない書かない伝えない。

 

 

 

先日、ずっとほしくて

でも高くて買えなかった服を

セールで買った。

 

 

そんな矛盾を忘れない。

 

 

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp