感想文

本や映画やお店や食べ物や、いろんな感想をかいてます。

ぶらりお散歩オフ③時が止まったような昭和感!!原宿裏路地の老舗喫茶店『COFFEE BON(コーヒー ボン)』が素敵すぎて悶えた!!

スポンサーリンク

カリスマ喫茶店ブロガーけだま(id:kedamatoriko)さんとお散歩オフ第三弾!!

(というかただの続き)

 

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

お笑いライブのあとは、おなかすいたよねーってことで

竹下通りを歩きながら

 

け『どこか入りますか?』

さ『わたしほんっとに店運ないから、けだまさんにおまかせでいい?』

け『わかりました!わたしだいたい勘でわかるんで大丈夫です!とりあえずこのあたりは地価が高くて老舗は撤退してると思うので、少し離れてみましょう』

 

 

うおぉぉけだま女史頼りになるぅぅぅ!!

 

 

ということで、静かな方へとぷらぷら歩いていたところで、見つけた喫茶店。

 

 

喫茶店『COFFEE BON(コーヒー ボン)』

 

f:id:nemurenai-same:20171204104819j:plain

 

 

f:id:nemurenai-same:20171204104856j:plain

 

 

f:id:nemurenai-same:20171204104929j:plain

 

 

f:id:nemurenai-same:20171204105009j:plain

 

 

f:id:nemurenai-same:20171204105029j:plain

 

 

f:id:nemurenai-same:20171204105049j:plain

 

 

素敵すぎるだろ!!

 

 

けだまさんと2人で

うぉぉぉぉぉぉってなって

ここよくない?いいよね?入る?入ってみる?

って興奮したんだけど

お店のマスターのおじさまが、ドアのところに立ってお店の中から外をずーっと見てて、は、はいれず。

 

け・さ『お父さんさえいなければ入れるんだけどね・・・』

 

一瞬ひよって、ボンのとなりの今風の沖縄そば屋さんに入ろうかろ2人で血迷ったんだけど

 

け『いや!行ってみましょう!!』

 

けだま女史つおい!!

 

け『おとうさーん。いま、お店やってますかー?』

 

ドアを開け、すぐそこに立ってたマスターにアタック!!

つおい!!

 

マスター『ああやってますよ。どうぞどうぞ』

 

と、通された店内。

 

f:id:nemurenai-same:20171204105922j:plain

 

 

f:id:nemurenai-same:20171204110054j:plain

 

 

ふぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

 

このビジュアルに、ほのかに煙草の煙の香りが加わって

もうね

 

パーフェクト昭和!!

 

 

 

さ『しゃ、写真撮ってもいいですか!!』

 

食い気味に聞いてしまいました。

 

 

 

椅子もテーブルもソファーもクッションも何からなにまで昭和レトロっていうか、昭和アンティーク?

 

f:id:nemurenai-same:20171204111035j:plain

 

 

f:id:nemurenai-same:20171204110423j:plain

 

 

f:id:nemurenai-same:20171204110949j:plain

 

け『おとうさーん、すっごく素敵なお店ですねー!!』

 

けだまさんの天井知らずのコミュ力により、45年の歴史のあるお店だということを聞き出す。

 

そんなマスターも、白いYシャツに黒のスラックス、黒のベスト、黒ネクタイで、由緒正しい素敵な喫茶店のマスター!!

 

年齢は70を超えてらっしゃると思う。

もしからしたら80に届いてるかもしれない。

ぱっと見、かわいいおじいちゃんって感じだけど、そんな言い方は失礼だなって思えるくらい、凛とされてる佇まい。

 

奥さまは他界されているそうで、そんなマスターが毎朝1人、ぱりっと身支度をされてこのお店に立ってると思うと、なんだかもう胸がいっぱいになる。

 

生きざまって本当に空気感になるんだなぁ。

ここは、マスターが大切に守ってきた、きっと、亡くなられた奥様との思い出がいっぱいつまったお店なんだ。

 

 

f:id:nemurenai-same:20171204112039j:plain

 

カウンターの飾り棚には、昭和レトロなアンティークがたくさんおいてあって

マスター曰く

『おばあさんが、置くところがないから、置いておいてってどんどん置いてって、片付けるに片付けられない』

んだそう。

 

ちなみにこのピンクの電話、普通に生きてて、普通にじりりりりって鳴って、マスターが普通にとってました。

 

 

そんな素敵すぎる喫茶店でコーヒーとトーストをいただく。

 

f:id:nemurenai-same:20171204112638j:plain

 

バタートーストと、ジャムバタートーストをけだまさんとシェア。

添えられてるのは紙袋に入ったお手拭き。

天然?わざと?

って聞きたくなるくらいの昭和!!

お塩の小瓶も一緒に持ってきてくれました。

わたし、給食でゆで卵と食パンが出たとき、残った塩にパンつけて食べるのめちゃめちゃ好きだったんだよ!!

なんで知ってるんだ!

もしかしてあの思い出も昭和なのか!!(文句なく昭和です

 

 

f:id:nemurenai-same:20171204113722j:plain

 

 

もう完璧なビジュアル!!

ほのかな煙草の香りも昭和懐かしくて食事の邪魔になんてならないし

パンもすっごく美味しかった!!

 

 

これでお会計680円。

 

まとめてお会計をしてくれたけだまさん。

 

け『おとうさん!パン、すっごくおいしかった!!』

マ『いやぁ、いいパンつかってるから。スーパーの食パンは出せないですよ』

け『ううん。おとうさんが焼くからおいしいんだよー!!』

 

 

けだまさんのバカ高いコミュ力に驚愕。

 

 

パンは、紀伊国屋の食パンを使用してるそうです。

 

 

そんなコミュ力モンスターけだまさんのおかげで(超絶褒めてる)

お会計を済ませて外で写真をとっていると

マスターが出てきてくれて、一冊の本を見せてくれました。

 

『私が選ぶ53のアドレス』

 

f:id:nemurenai-same:20171204115937j:plain

 

写真引用元:

【喫茶店】原宿の路地裏に「COFFEE BON」創業45年、ダンディなマスターがお出迎え - けだまとりこの備忘録

 

 

東京が大好きなパリジェンヌのイザベル・ボワノさん著。フランスの出版社から出版されていて、日本語とフランス語の2か国語で書かれたガイドブック。

 

webstore.uguisulittleshoppe.com

 

2015年出版とわりと最近の本だけど、残念なことに、絶版ですね・・・

 

マスターに、お店が載っているページを見せてもらいました。

著作権の関係でそのページの写真は載せちゃきっとダメなんだろうけど、細いペンで描かれたモノクロのお店のイラストとともに、こんな添え書きが。

 

私が心を鷲掴みにされた喫茶店。日本で一番シックな男性、マスター〇〇が、美味しい珈琲を淹れてくれる。

 

 

わたし1人だったら、黙ってトーストと珈琲いただいて、1人静かに興奮して帰るだけだったところ、けだまさんのおかげで、マスターとおはなしできたり、すごく素敵な時間をすごすことができました。

 

食べログの口コミ2件も大絶賛してるから合わせてぜひ!!

 

 

 

さて帰り道。

 

け『さめさん!新宿はあっちです!』

 

と迷いのないけだまさんとともに、代々木駅を横目にてくてく。

 

帰り道もおしゃべりはやまず、けだまさんのおもしろ話に笑いころげながら、楽しくお散歩して帰りました。

 

緑満喫して、飛び込みでお笑いライブ行って、そして素敵なレトロ昭和喫茶店で〆。

 

ほんと、ちょお楽しい1日だった!!

 

けだまさん素敵企画ありがとーーーう!!

 

次は吉祥寺オフぜひ!!

 

 

けだまさんの喫茶店レポも合わせてぜひ!!

 

www.kedamatoriko.com

 

 

 オフレポ①②はこっち

 

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp